大学生バイトの平均時給や月収はいくら?時給のいいバイトも紹介!

貯金箱 アルバイト
金欠の大学生
バイトはちゃんとしてるのになかなか貯金が貯まらないな〜
もしかして俺の今のバイトって時給低い…?

今回はそんな大学生の悩みを解消するための記事です。

本記事の内容

・大学生バイトの平均時給・月収、そして職種別の時給情報

・データからみる本当に時給のいいバイト

・大学生が時給と楽かどうかの二点を重視してバイトを決めるべき理由

本記事では株式会社リクルートジョブズの研究機関「ジョブズリサーチセンター」から持ってきた信頼できるデータ(下にグラフがあります)を使っています。

引用元URLは下に書かれているグラフのところでのせていて、記事の途中に出てくるデータはここから引用しています。

一般的な大学生にバイトをおすすめする記事(またはサイト)ではどこから持ってきたかわからないデータが使われていることもあります。

本記事ではそうならないように、信頼できるデータに現役大学生である僕の感覚・経験を盛り込んだ信頼性のある記事になっています。

それではさっそく、大学生バイトの平均時給や月収などの実態をデータから読み取っていきましょう。



大学生バイトの実態(時給や月収など)

電卓

全国の大学生バイトの平均時給

大学生バイトに絞ったデータではないですが、全国のアルバイト・パートの平均時給は2015年以降、順調に増加していってます。

地方ごとの平均時給は以下のグラフを見てください。

バイト平均時給グラフ

(ジョブズリサーチセンターから引用)

表を埋め込んだところキレイに表示されなかったので画像で対応しました。申し訳ない…。

まぁ当然、首都圏や都市が高くなっていますが、一番低い九州でも900円はこえてますね。

大学生はこのグラフから自分の住んでいる地域と平均時給をみつけて、自分のバイト先の時給と比べてみるといいかも!平均時給より低い時給で働いていて「全然お金の余裕がない…」と言っていても仕方ないですからね!

金欠の大学生
やっぱり俺のバイトって平均よりずっと低かった…

時給や待遇に満足できないならすぐに新しいバイトを探すことをおすすめします。

僕がそう考える理由はもう少し後に書いていきますね。

大学生のバイトでの月収は?週に何回くらいバイトしてるの?

大学生が1週間に何回くらいバイトをしているのか、データを探したのですがなかなか信頼できそうなものが見つからなかったので、周りの友人に聞いてみることにしました。

その結果、週に2,3回(特に3回)の人が多かったです。

ちなみに僕も週3回をおすすめしています。

詳しくは大学生のバイトは週3でいい!大学生がそう語る理由と週3で稼ぐ方法で解説しています。

週3回だと仮定して、先ほどの平均時給も参考に月収を計算してみましょう!

週3回、1日あたり5時間バイトしている大学生(時給は全国平均の1,014円)の月収は6万840円

サークルや趣味などにお金がかかる、一人暮らしの生活費を自分でまかなっている、なんて大学生にとっては足りないかもしれません。

まぁ実際は1日あたりのバイト時間がもっと長いでしょうから、7,8万くらいが平均的ですかね!

平均時給・想定月収

バイト・パートの全国的な平均時給は1,014円。1日あたり5時間のバイトを週3回やると月収は約6万円。必要な額に合わせて1日あたりのバイトの時間や勤務日数を調節している。

大学生のバイトを平均時給のデータから考察する

お金

(職種別)バイトの時給

例として首都圏の職種別でのバイトの平均時給を見てみます。

ちなみに首都圏でなくても、平均時給は変わりますが職種ごとの高い・低いの順番は基本的に変わらないようです。

職種別バイトの平均時給


特別な資格等が必要な「専門職系」をのぞいて一番平均時給が高かったのは「販売・サービス系」のキャンペーンスタッフ(1,358円)です。

キャンペーンスタッフは業務内容から考えて一般には営業系だと考えられていると思いますが、ここでは販売・サービス系に分類されていました。

おそらくはキャンペーンスタッフの仕事内容が、営業やPRをして最終的にモノを売ることから販売に分類されているだけですね。

それぞれ具体的なイメージがわきにくいと思うので、一般的なバイトの名前をあげていきます!

具体的な職種名

・販売・サービス系→コンビニバイト・アパレル販売員

・フード系→飲食店バイト

・製造・物流・清掃系→一般に工場で働く人・ピッキングなどの物流スタッフ・ドライバー

・事務系→一般事務・コールセンタースタッフ・データ入力バイト

・営業系→営業全般・テレアポ

・専門職系→看護師・美容師・スポーツインストラクター・保育士

時給のいいバイト

職種別の平均時給をみてみると特別な資格等が必要な「専門職系」をのぞいた場合、次に時給がいいのは「営業系」、そして次に「事務系」となっています。

そう考えると時給のいいバイトは営業系であるということになるのですが、営業系のバイトは慣れるまで結構大変だったりします。

営業系のバイトと聞いてもイメージがうかばない人も多いと思います。

詳しくは実際に僕がやっていた営業系バイトの体験談をまとめた大学生の営業バイト(訪問販売)体験談!仕事内容や必要なスキルとは?をご覧ください。

ちなみに営業系のバイトと比べて、事務系のバイトは体力的にも精神的にも楽なバイトでして、僕も長くやっていました。

時給もよいため、楽に稼げるコスパのいいバイトとして自分と同じ大学生に向けてかなりオススメしています。

ただ事務系のバイトとはいっても種類がありまして、コールセンターは精神的に疲れるかなという印象です。

ちなみに一般事務はパソコン(Excell等)の扱いに慣れていたり、スキルがないと無理だとよく言われますが、それはおそらく事務バイトを経験したことのない人の勝手なイメージです。実際はそんなことありません。

社員として事務職につく方は別ですが、バイトやパートとして事務を考えている方はぜひ楽に稼げる事務バイトが学生にとってコスパバイトである3つの理由をご覧ください。

時給のいいバイト(職種)

資格などを持っている人はそれが活かせる専門職で働くと時給がいい。ただ、大学生でそのような資格を持っている人はかなり少ないので、時給の高さだけをみるなら営業バイト一択。精神的にも肉体的にも楽で、なおかつ稼げるバイトを探しているのであれば事務バイトがおすすめ。

大学生が時給と楽かどうかの二点を重視してバイトを決めるべき理由

先ほどから事務バイトをすすめているように、僕は基本的に大学生には時給がよくて楽なバイトをすすめるようにしています。

「自分がそのようなバイトを選ぶようにしたら色々と良かったから。」というのもありますが、それでは説得力がありませんよね。

ただ、僕が「大学生は時給と楽かどうかの二点を重視してバイトを決めるべきだ」と考えている理由はいたってシンプルです。

それは「バイトすること」が目的ではなく「お金を得ること」が目的であれば、楽してお金を稼ぐことが一番合理的で、それを達成できる環境を手に入れることが重要だからです。

なのでお金を得るためにバイトをしている人の中に、バイトより楽にお金を稼げる手段を持っている人がいるのであれば、そっちを選ぶ方が合理的かもしれません。

時給が低かったり仕事がきつかったりしても、そのバイト先に何らかの思い入れがあったり、そこで働くこと自体が最初から目的だったのであればそこで働き続けることがいいと思います。何か身に付けたいスキルを得るために働いている場合なんかも同様です。

念押ししておきますが、あくまで「お金を得ること」が目的であり、そのための手段としてバイトをしている人に限った話ですので!

「とりあえず来月は出費が多いから1,2万円稼ぎを増やしたい。」くらいであれば、大学受験の時に使った本をサクッと売ればいいですね。

お小遣い稼ぎにおすすめ→大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」

まとめ

ひらめき

全国規模のちゃんとしたデータを元に、自分が今やっているバイトについて考える機会ってあまりないと思います。

・大学生はバイトをするもの

・バイトは大変で当然

・バイトなんだから時給が低くても仕方ない

なんて当たり前に思っている人も多いですが、実際はデータを見てみると同じ地域であっても職種によってかなり時給に差があることがわかります。

また、色々なバイトを経験してきた僕ですが、時給が良くて仕事も楽なバイトはあまり大学生に知られていないだけで間違いなくあります。

もし今のバイトで時給や待遇、仕事の大変さなどに不満があるのであれば、新しいバイトを探してみる
ことをおすすめします。

実際に体験したことのある11種類のバイトを「楽しいかどうか」「稼げるかどうか」「楽かどうか」この3つのポイントから評価し、どんな人におすすめかそれぞれまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
大学生におすすめしたい厳選バイト11選を現役大学生が紹介!